ブログ

2013/04/09

Googleカレンダーの意外と知らない超便利な使い方

google-calendar-favicon

 

昨今のビジネスマン、ましてやWeb制作に携わっているみなさんならGoogleカレンダーのことを知らない人はいないでしょう。実際にスケジュール管理のビジネスツールとして活用している人も多いかもしれません。

でもグーグルカレンダーの使い方って実は個人的なスケジュールの管理だけじゃないんです。「そんなの知ってるよ、スケジュールをチームで共有できるんでしょ?」という声がすぐ聞こえてきそうですが、それだけでもありません。今回はグーグルカレンダーを使ってコンテンツを発信する方法をご紹介させて頂きます!!

 

グーグルカレンダーをウェブサイトに載せる。

E146_lalaganbatte (1)

グーグルカレンダーの本来の使用目的は言うまでもなく、ユーザーのスケジュール管理にあります。「14日の14時から始まるA社との打ち合わせ」みたいなことを忘れないように、あるいは他の予定とダブルブッキングしないように使うわけですね。

グーグルカレンダーではこの予定表を、ユーザー個人だけでなくその他多くのユーザーと情報を共有できる機能があります。しかもこの予定をiframeで自分のWebサイトに掲載することができるんです。ん?……. つーことは…….

そうです。スケジュールをユーザーに公開したい、スケジュールをユーザーに知って欲しいようなコンテンツを持つwebサイト・ホームページに使用するととても便利なんですね!!

 

実装はとっても簡単。十分で済みまっせ。

例えば歯医者さんのホームページ制作に携わっていたとしましょう。その歯科には先生が3人いて、それぞれが時々学会出席の為にお休みをとります。

ユーザーからすると自分が予約を入れたい日に担当の先生がいるかどうかが気になります。医院からすると、それぞれの先生のスケジュールを患者さんに対して公開したい所です。

そこでグーグルカレンダーの出番なのです。グーグルカレンダーを使えば十分で下記の様なスケジュール表を十分で一般公開することができます。

 

sample

 

まずはグーグルカレンダーにて、先生の人数分のカレンダーを作成し、スケジュールを埋めていきます。カレンダー毎に色分けをすることができますので、とても分かり易い視覚表現が可能になります。

カレンダーができたら右上の歯車マークのプルダウンメニューから設定を押して、「カレンダー」タブクリック→「このカレンダーを共有」をクリック→「カレンダーの情報」をクリック→「色やサイズなどをカスタマイズします」をクリック。(ふー、ここが結構長いですね。)すると下記の様な画面になります。

 

fasdfasf

ここまで来たら後は左カラムで細かい表示設定をカスタマイズして、右上のiframeコードをサイトに貼るだけ!!以上です!!

とっても簡単ですね。簡単すぎてコーダーの仕事がなくならないか不安になるぐらい簡単ですね。

しかもクライアントが好きな時にいつでもどこでも編集ができ、それがすぐにサイトに反映されます。

しかも完全無料…….これはもう明日から使うしかありませんね!!

 

しかしグーグルのサービスは便利すぎてちょっと怖い所があります。

その内素人でも十分でサイトが作れる様なサービスをはじめて世界中のweb制作者の仕事を消し飛ばすんじゃないかなと心配になります。大丈夫かな…..

 

  • z[
  • ̃TCgɂ‚
  • E
  • ₢킹
  • ݃N
  • uO
y[W̐擪

FACEBOOK